HDD/DVDレコーダー

出遅れたが、先月8日にHDD/DVDレコーダーを買った。機種は東芝のRD-XS40と言うもの。以前からテープメディアからの離脱を狙っていたものの、S-VHSデッキが2台も健在だといまいち踏み切れなかったのが片方の地上波チューナーが壊れたのも手伝って今回購入に踏み切った。値段が10万円を切ったのも背中を押された強い要因だった。

HDD/DVDレコーダーの良い機能を今更私が何を述べても仕方ない気がするが、とりあえず言える事は「迷ってるなら買え!」である。それはそれは便利でHDD/DVDレコーダーを買った人間が口を揃えて「良かった!」と言うのもむべなるかなである。どう良かったかは人それぞれだろうが、とりあえず私にとって良かったのは以下の通りである。

  1. 保管スペースが激減。S-VHSのテープが山をなしていたのが、DVD-Rスリムケースだと容積的に激減。
  2. 画質が綺麗(S-VHS3倍速比)。
  3. ディスクなので巻き戻し無し、チャプタースキップが楽。
  4. 編集が楽。CMカットが楽勝。以前は面倒でやっていなかったが。
  5. 編集が楽。アニメのOP/ED集なんて作ってみたりして。以前は面倒でやっていなかったが。
  6. 予約が楽。iEPGでPCからブラウザで番組表を見てクリックで一発。
  7. オペラが1枚のディスクに。

この中で一般にはあまりやられていないのが最後の「オペラが1枚のディスクに」だろうと思う。実はLD時代にヴァーグナーのオペラをひととおり買った。と言うか、LDプレヤーを買った当初の最大の目的はオペラを見る事だったのだ。ところがLDはLP程度の録画時間でLP並み(以上)の容積をとってしまう。面倒でついぞ見なくなってしまっていた。例えば「ニーベルンクの指輪」の「ヴァルキューレ」を見ようと思ったら3枚のLD裏表をひっくり返したり入れ替えたりしなければならないのである。画面を無視してCDでと思ってもCDでも4枚程度を使う。

ところが、DVD-Rにやく事でLD3枚両面がDVD-R1枚になる。もっとも画質はぐっと落とすし、肝心の音質はDolby192Kbpsへのコピーにはなるが、絵を描いてそっちに集中してる時のBGMの音質としてはこれで妥協可能な範囲と思う。1枚のディスクを入れたらオペラ1曲が通しで聴けるのはもの凄く嬉しい。この調子で手持ちのヴァーグナーのオペラを全部DVDにコピーしようと思ってる。もっともヴァルキューレより長いマイスタージンガーや神々の黄昏だと設定出来る可能な範囲の最低画質にしないと1枚には収まらないみたいだが、どうせ絵を描いてる時には画面など見ない。

さて、もう一つの主力のアニメ(wでの使い方だが、テープの時代は1本のテープに同じアニメを録画しようと毎度毎度テープを入れ替えて(それでも2番組立て続けだと不在時は無理)いたがHDD/DVDレコーダーになったおかげで一旦HDDに録画されるからその作業は全くなくなった。DVDに書き込む時に選んで同じものだけ入れればよい。書き込み先のDVDだが、今は未だ色々試行錯誤の段階で、長くとっておきたいのはDVD-RAMに、とりあえず残すのはDVD-Rにと分けている。DVD-RAMは高いので(現在、国産のDVD-RAMケース入り両面を凡そ1200円で買っている。CMをカットした短めのならなんとか片面5話入るが、微妙に長いのはCMをカットしても片面4話。)。

テープ時代にはまったくやる事が無かったが、編集が楽になったせいでやってるのが、CMカットである。DVDに納める為に短くする意義もある。もっとも本編と関連あるCMはそこだけ抜き出して集めてみたりしてる(笑)。それからテープ時代にやらなかったのでは、OP/ED集の作成をやってみた。何しろアニメのCDは高杉。おまけに短杉。シングルなんて聴いてられない。

そうやって作ったディスクが下の写真である(笑)。

DVD-R

背景の緑の正方形がヴァルキューレのLD。左上がLD3枚をやいたDVD1枚。サイズ的に1/12になった。右上は平成15年1月〜3月期に録画したアニメのOP/EDをまとめたもの。使い捨てなので1枚150円程度の輸入DVD-Rで済ませた。下は.hack//を集めたDVD-R。なんかこの文を書くと言う事でカバーイラストまで描いてしまった(苦笑)。ヴァルキューレのは珍しくオリジナルの絵。バイロイトの演出がああです、なんて事ではない(w。

ここから平成15年5月1日追記

RD-XS40の(オンライン)マニュアルを読んだらDVDのメニューの壁紙を自分で作れると言うのが分かった。で、作ってみたのがこれ(左がTV画面を写真で撮ったもの。右はDVDケース用のラベル)。

メニューの壁紙  DVDケースのラベル

TV画面に入るとちょっとアスペクト比が変わってしまう。16:9に合わされているんだろうか。

こうまでして手間をかけてるアニメOP/ED集ですが、使い捨ての安いSuperXのDVD-Rにやいてます。何ヶ月後に読めなくなるか耐久試験中(笑)。やくのに関してはSuperXのDVD-Rは4枚やいて4枚成功してます。今日は今度はワーク用のRAMとしてradiusのDVD-RAM(片面殻付)を買って来てみました。1面単価が約350円で保存用に普段使用してるPanasonicの592円の約6割の価格でした。こっちも信頼性は果たしてどんなものなのか。今、購入してる値段がPanasonicのDVD-R≒radiusのDVD-RAMな訳で、相応の信頼度があるならPanaのDVD-RにやくよりもradiusのDVD-RAMにコピーする方が使い回しが楽なんですが。




[NAVI]  [Return to Tawa-Goto Page]